実際に体験したみんなの口コミをもとに洗顔石鹸を徹底検証!!

MENU

洗顔石鹸でお肌の本来の力を取り戻し、潤いを手に入れた!

石鹸1
洗顔石鹸というと、どんなイメージがあるでしょう。石鹸で顔を洗うなんてちょっと古臭い?肌がつっぱりそう?実際に洗顔フォームから洗顔石鹸に変えてみると、意外な変化がありました。

 

そもそも洗顔フォームと洗顔石鹸の大きな違いというのは、その成分です。洗顔に限らず、汚れを落とすためのものは「界面活性剤」が必要なのですが、洗顔フォームの多くは「合成界面活性剤」を使っています。それによって、泡立ちをよくしたり、強力に汚れや油脂を落としたり、保湿したりといったことが可能になっているのです。一方で洗顔石鹸は天然由来の界面活性剤です。天然成分をそのまま使っているのです。余分な成分が入っていないと言えるでしょう。

 

では具体的に洗顔石鹸に変えてみて感じられた効果はなんでしょうか。

とにかく肌の調子がいいこと、特に乾燥肌が改善したことです。洗顔フォームには強い洗浄力がありますが、これによって肌に必要な(残しておくべき)油脂分まできれいに取り去ってしまうようです。そして、一度取り去ったあとに保湿成分を補うのです。ですので、一時的な感覚としては「保湿されている」感は強かったのですが、乾燥肌そのものが改善されたとはあまり感じられませんでした。一方で洗顔石鹸は、洗浄力はしっかりありますが、肌に不要な汚れだけを落としてくれます。そして、その成分は水に触れると消える性質を持っているので、洗い流してしまえば余計な洗浄成分が残ることがないため、お肌に無駄な負担を与えないのです。洗顔後の肌のつっぱり感はありますが、これは皮脂汚れを洗い落とした後に起こる現象としてはいたって当然のことなのです。また、肌は弱酸性で石鹸の成分は弱アルカリ性であるため、石鹸での洗顔の後にはアルカリ性に傾いた肌が酸性に戻ろうとするそうです。この作用によって肌が活性化し自分で再生する力を高めてくれるのです。
使う前は、洗顔石鹸で余計肌がカサカサになるのではないかという心配がありましたが、逆に肌にやさしく作用して肌本来の力を取り戻してくれたようです。洗顔後のケアは当然しっかりやっていますが、今までのようにあれこれ保湿用の化粧品を塗りまくらなくてもナチュラルで健康な肌が戻ってきました。冬でもカサカサ感がほとんどなくなりました。

 

ただ、使いやすさという点では、洗顔石鹸はいまいちですね。洗顔フォームのチューブ状やポンプ状の容器は使いやすいですし、泡立ちも早いです。石鹸は洗顔に取り掛かるまでの手間はかかりますし、石鹸を清潔に保っておく気配りなども必要です。

 

でも、その手間さえ厭わなければ、お肌に元気を与えてくれる洗顔石鹸を使ってみる価値はあると思います。

洗顔石鹸で毛穴よさよなら!

泡のよくたつ洗顔石鹸を使い始めてから、毛穴の汚れがきれいになった気が!!
そもそも、毛穴汚れを改善したくて 毛穴用の洗顔石鹸に変えたのですが…

 

それが大正解!!

 

 

モコモコ泡を作ることで、
溜まっている汚れを一気に洗浄してくれるんですね…。

 

これからも使い続けます!

 

毛穴 化粧品の詳しいサイトはこちら♪